業務内容
労働保険特別加入
中小事業主の特別加入について

最近、お問い合わせの非常に多い質問です。
「元請さんから、社長も労災に加入していないと現場に入れないと言われた。どうすればいいの?」

経営労務情報センターに事務を委託して、現場労災に加入すれば大丈夫です。

ご加入できる方

事業所が下記住所にある個人及び法人

東京都・埼玉県・千葉県・栃木県・茨城県・群馬県・山梨県・長野県

補償内容

業務災害、通勤災害を被った場合に、国の労災保険から給付が受けられます。
社長さんが、3,500円から25,000円まで、給付基礎日額を選べます。
10,000円の給付基礎日額に加入した場合、ケガで仕事ができない時は、給付基礎日額の8割、8,000円が国の労災保険から給付されます。

治療費は、加入さえしていれば全額補償されます!

給付基礎日額が3,500円でも、治療費が全額補償されます。

料 金

下記は一例です。新築工事の設備工事事業。年間元請金額100万円。給付基礎日額3,500円。

新規加入手続料 30,000円+税 加入時のみ
事務委託料 36,000円+税 年間事務委託料
現場労災保険料 2,530円 弊事務組合から国に納めます
特別加入保険料 14,047円 弊事務組合から国に納めます
合  計 87,857円 平成28年8月10日現在
※補償内容や費用など、お気軽にお問い合わせください。
※上記料金は予告なく変更する場合がございますのでご了承ください。